アートを学ぶ

さらに深く、より広く、新たなスタイルでアートを学ぶ

自分はどんな人間なのか、何になりたくて、どんなことができるのか? 大学4年間は、そんな夢や好奇心ととことん向き合える貴重な時間。いわば、社会へ飛び出すための滑走路のようなもの。桜美林大学では、学生たちが求める多様な学びに応えるため「学群制」を導入。専門性を追求する「学科」と異なり、より深く、より広く学んで知識と教養の幅を広げることができる。

「演劇コース」「音楽コース」「造形デザインコース」「映画コース」の4コースからより幅広く、より深く芸術を学ぶことができる。